スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災から13年・・・

13年前の今日、阪神大震災が起きました。

今日の関西テレビのアンカーという、ニュース番組で、

感動的な特集をしていたので紹介させてもらいます。



神戸大学に通っていた21才の青年の下宿が潰れ、彼は亡くなりました。

青年は、国連の職員になるという夢を持っていました。

そして、海外へ旅立つ時、母に手紙を渡しました。

こんな別れが待っていることなど、夢にも思っていなかった時です。

母に、感謝と敬意の言葉と、そして自分の夢の実現のため

大きく飛び立とうとしている希望に満ちあふれた手紙です。

あの大震災さえなければ、青年は今頃・・・

母は、息子を亡くし、ず~っと悲嘆に暮れふさぎ込んでいました。



この手紙を知った作曲家の方が曲をつけました。

作曲家は、無くした息子と同い年。

「生きたくても生きることが出来なかった人の分まで、

しっかり生きていかないとだめなんです。

息子さんは、ふさぎ込んでいる母の姿より、笑っている母の顔を

見たいに違いないから、元気をだしてほしい」と

100通以上のメールで文通のやりとりをして

今回初めて広島に住む青年の母のもとへ行かれました。

そして、コンサートで”うし君の手紙”を歌い母に聞いて貰ったのです。

作曲家の方のブログ”にこにこ新聞”で歌を聴くことが出来ます。
          
       うし君の手紙




「親愛なる母上様」  作詞:うしくん(加藤貴光)

あなたが私に生命を与えてくださってから、早いものでもう二十年になります。

これまでに、ほんのひとときとして、あなたの優しく温かく大きく、

そして強い愛を感じなかったことはありませんでした。

 
私はあなたから多くの羽根をいただいてきました。

人を愛すること、自分を戒めること、人に愛されること……。

この二十年で、私の翼には立派な羽根がそろってゆきました。

そして今、私はこの翼で大空へ翔(と)び立とうとしています。

誰(だれ)よりも高く、強く自在に飛べるこの翼で。


  私は精一杯やってみるつもりです。

あなたの、そしてみんなの希望と期待を無にしないためにも、

力の続く限り翔び続けます。

こんな私ですが、これからもしっかり見守っていてください。

また逢える日を心待ちにしております。


最後に、あなたを母にしてくださった神様に感謝の意をこめて。


翼のはえた“うし”より




「悲しみと、絶望を抱え息子の世界に浸っていたけれど

この曲で、やっと自分の世界を見られる様になりました。

そして、あれから初めてお正月におめでとうが言えました。」

と笑顔で話しをされていました。



震災で傷つき、今も苦しんでいる方が

少しでも元気になって貰えることを祈っています。


そして、震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。



近江富士


スポンサーサイト
プロフィール

レオママ

Author:レオママ
レオ( 2000.5.29〜2011.7.30)11才で突然お星様になったけど
いつも、いつまでも家族の心の中で生きてるよ!



reo1.jpg


LEO2-2.jpg


LEO-2.jpg


20061218185124.jpg



トナカイレオ





   

最近の記事
コメントありがとう!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ジオターゲティング
ブログでクチコミ B-Promotion GIFアニメ工房~GIFアニメーション作成講座
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。