スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある記事

毎日新聞で昨日、直木賞作家板東眞砂子さんが日経新聞に寄せたエッセーで

自身の飼いネコが産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白し、波紋を広げている


という記事があった

日経新聞のブロムナードを全文掲載します

これを読んで皆さまはどう思われますか? 

*******************************************

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子
こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、
そこに放り投げるのである。 
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、
野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。

もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。
他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)

*******************************************

>人が他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない、

それはそうかもしれない

それが何故子猫を殺す結果を選択するのかが、理解できない

本能のまま生かすことが動物の幸せだろうか・・・

避妊、あるいは去勢することは、子猫を殺すことと同じ事だとは思えない

せっかく生まれてきたのに、殺すなんて考えられない

>愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。

ならばペットを飼う事は、罪な事であるのか

レオの気持ちになってみると

去勢を余儀なくされ、雌犬と交わることなく子孫も残すことなく

人間(私たち)にエサを貰うため媚びているのか・・・

そういう風には考えたくない 

心安らかに私たちと楽しい日々を過ごしてくれていると思いたい

はっきり言いたい事は生まれた子猫(子犬)は絶対殺して欲しくない

納得して出産させるなら、責任もって育ててほしいと思うのはあたしだけですか?


     DSCN2672.jpg


       レオは、家に来て本当に幸せ?

    天真爛漫な笑顔を見てるとホッとするよ





              にほんブログ村 犬ブログへ 
               ぽちっしてね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんと。今、うちのニャンキーが去勢する時期を迎えていて
同じことを考えていたところなのでとても感慨深い話です。
が、あたしもレオママさんの意見に賛成です。
うちのワンコも♀ですが、手術しちゃってます。
もしも子供を生んで育ててあげれなくなったら責任感じてしまうし。
後ろめたい思いで生きるのはイヤです。
猫は、♂ですが、他で子供を作ってきてほったらかしになるのもやはり同じですもの。

と、自分に言い聞かせて来週あたり病院へ行く予定です。

レオママさん。
私も今朝のニュースワイドショーで、この件について知りました。

確かに、犬や猫を虚勢したり、避妊手術をしたりすること、それは人間のおごりかもしれないですね。
我が家の犬も去勢し、避妊してます。

現実問題として考えると、生まれてくる子を全て買うわけにもいかないわけですから、仕方なくって言うのが本音なんですよね。

だけど、殺すって言うのは・・・私にも理解できません。
そして、どうして彼女がそれをエッセイの中で告白したのか・・・それも気になるところです。
正直に言ったといえば正直ですが。。

殺すって言うのは余りにも残酷で。。。
想像しがたいほど可愛そうで・・・

虚勢、避妊にしても、殺すにしても人間ってなんて傲慢なんでしょう。
でも、現実的に考えて、その方法しかないって言うのもほんとうのところなんですよね。。

愛犬家つながりのBlogの友達が多いので、たまにこの記事を見かけますが、この人は心の底から批判しますね。理屈がぜんぜん繋がってませんし理解できません。ていうか動物の飼い主になる資格なんてない 人間と思ってます。(きっぱり)
明らかな害がない生き物、捕食する生き物以外を殺める権利なんて どの動物にも人間にもないでしょう。
「動物を避妊手術する権利などない」 と 「子猫を殺す」 は全く別の次元の話でしょう。生まれてきた子猫の「生きる」という基本的な本能を何で人間が否定する理由があるのでしょうか。

最も簡単な解決策があります。この頭のおかしい人が猫を飼わないことだと思います。動物の命を預かる資格はないと思います。

動物は 飼われる人生としてくることになった。これは人間のエゴかもしれない。ただ、野生として生きるか飼われるかで 飼われる方なら 食事も住居も健康も飼い主によって保証される。その時点で野生とは異なる生き方になって子供を産めないようにする そりゃ 子供をバンバン作って繁殖して、その子供まで含めて面倒見れるのであれば理想と思います。でも そうはいかない。だから 子供を殺す、部屋に閉じこめて性欲をため放題にしてしまう、去勢する この3つの選択肢しかないなかで どれがペットにとって幸福かということで考えた結果が去勢なんじゃないかなと思います。人間みたいな 手っ取り早い避妊方法があれば いいのかもしれませんが、時代がそこまで進んでいないのじゃないかなというところはありますけどね・・・。(にしても 現実 ゴム付けさせて じゃ 行ってこい! ってわけにもいかないだろうけどさ・・・ 苦笑)


----------
レオ君は幸せですよ。こんなに愛されて、御飯も家も健康も保証されて生きていけるんですから。それは間違いないと思いますよ。

この記事に書かれていることは、読み手によっていろいろなことを考えさせるものですね。
つまり、どうにでも読み取れる文章になっています。
書いている本人が正直に書いては居ませんし、到底真剣に考えていなく、深みなどないです。
たぶん次の作品が出来ないので、話題つくりでしょう。
そんな程度の内容に見えます。

個々人の考え方ですから、黙っていればよいことなのに、自らが発表することが全くおかしいです。
この仔猫殺しの影に、個人的問題や悩みなどがあるのでしょう。
ですから無視するべき記事で、もっと別のテーブルで議論することでしょう。
単なるぽっとでの作家の話にいちいち、我々地べたに足をつけ地道に生きている人間が相手にすることはないと思います。

食物連鎖の頂点に立っている人間が、自分達の「生」の為に行なってきた行為を見直し、現代ではいかに共存し、地球を守っていくかを考え始めたこの時期に、この人の話など全くくだらないものです。
私は、レオママさんやコメントを寄せている方々の精神の方を指示しますね。

余談ですが、動物と言う視点に立った場合、
人間も子だくさんで、育てられなければ、子殺しをしても良いことになってしまいますね。
やはり根底に「愛」「情」とかの心が存在するかしないかだと思いますが。

こんな行動を取るこの作家の気持ちがさっぱりわからないですね。

去勢を<人間の都合>と言うなら仔猫を殺す事も<人間の都合>と思うんだけどな。。。
私には、無責任な飼い主としか見えないですね。

私もレオママさんと同じ気持ち。

レオ君がレオママさん見て大喜びしてるのがレオ君の答えだと思うな~。
きっと幸せなはずっ!


社会的に影響力の大きな直木賞作家が
雑誌にこんな事を書く事事態、ちょっと違うよ!って思う。

社会への問題提起とも思えないし、大人げないんじゃない?って思います。

レオママさん

僕もこの記事読んだときビックリしました。
それと同時に憤りも。

何度も読み返しました。
そして思えてきたのは、「人間のエゴ」です。

どんなに頑張っても犬や猫たちの気持ちなど人間にわかるはずもないのに、なぜみんなわかった気でいるのか?
それが不思議でなりません。
ただ、理解できないから精一杯優しく接する。
決して自分本位でなく彼らのことを一番に考えて。

その事を充分理解していない飼い主があまりにも多すぎる、そういう人たちへの警鐘として捉えると・・・。

ここにコメントを残された方たちはきっと優しくて素敵な飼い主の方たちだと思います。

でも世の中には心無い方々があまりにも多すぎます。自分さえよければという方が。

この作家さんの考え方は正直全く賛同できません。
が、今ペットを飼っていらっしゃるすべての方への問題定義にはなったのではないかと思います。良い悪いは別にして、こうしてニュースになるほどの事を書いているのですから。

地球上に生きているすべての生物は地球に生かされているのであって、本来皆平等なはずです。

「地上最強の生物は人間」という思い込み、そしてエゴが、一番恐ろしい事なのではないでしょうか。


僕らの周りにいる無責任な飼い主を一人でも減らす事が出来れば、きっとこんな記事に左右される事もなくなるのでしょうが・・・。

僕自身、無責任な飼い主でないかと問われれば、自身を持って「NO]とは言えません。
でもその「NO」の部分を補う為にも出来る限りの愛情は注いでいるつもりです。
でも「つもり」であってそれが彼らにとって果たしてよい事なのかどうなのか。
意思の疎通が出来ない相手への愛情すら「勝手な思い込み」「エゴ」なのかもしれません。

人間同士ですら言葉もわかるはずなのに上手くいきません。だから戦争や争いごとが起こります。

考えれば考えるほどわからなくなります。

でも、レオママさんやその他の方たちのように真剣に考えられる方のもとに暮らしている彼らはきっと幸せなのでしょう。

少なくとも一時的な思いで飼い始め、飽きてきたり自分の思い通りにならないと、平気で殺したり虐待したり捨てたりする人たちの下にいるよりは何千倍も。

そもそも今のペットという形さえ本来の生き物の生きる姿から言えば不自然なのですから。

                        ラオウ

私の文章に誤解を招くような書き方がありました

>虚勢、避妊にしても、殺すにしても人間ってなんて傲慢なんでしょう。
でも、現実的に考えて、その方法しかないって言うのもほんとうのところなんですよね。。

この部分です。

虚勢や避妊をしなければならない、それが現実で。。

と、言うことを書こうとしたわけで、
殺すことに対して、その方法しかないと書いたのではありませんので・・・(;^_^A

悲しくなってしまいました。
理詰めで、モノを考えると、頭の良い方は、幾らでも尤もらしい理屈を付けてしまうのでしょうが、私は、生あるものを殺生する位なら、元を経つ方を選びます。確かに、人間の傲慢さは否めませんが、お互いが、仲良く共存する為には、必要悪なんじゃないかなぁ。可愛くて可愛くて仕方が無い子を傷つけたくは無いけれど、ドウ考えても、涙を呑んで一時我慢してもらうのがベターなんじゃないかなぁ。もともと、人間てのは罪深い生き物だそうですから…。コレだけの事を書ける方なんですから、もう少しだけ、柔軟に考えて欲しいなぁ。どれが正しいってんじゃ無いですが…
因みに、ウチのポコ君は、チェリーボーイです。
でも、日々幸せそうに暮らしております。だから私も幸せです。
ナニを言ってるのか分からなくなっちゃいました…ごめんなさい。

コメントを書いてくれた皆様へ
この問題について、色々ご意見、感想ありがとうございました。
今回はお一人お一人にお返事は控えさせていただきたいとおもいます。
貴重なコメントありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!

記事、読みました!正直、理解不能です!

坂東眞砂子さん、貴女がした事は相手が『ネコ』だからですよね?
自分が生んだ子供にも同じ事が出来き、納得できるのでしょうか?
たまたま、盛りがついてセックスをした!妊娠して子供生まれた
周囲の反対により他人に自分の子供を殺される・・・。



悲し過ぎて、イヤになりますね。

人間って勝手ですよね!

はじめまして(?)
 この作家のいってる事は、人間に当てはめれば、避妊も、中絶も、子殺しもすべていっしょと言っている事です。確かに、生物学的にはひとつの生命が消えるわけで同じかとも思えますが、そこにかかわる人間の心がそれぞれ違うわけです。避妊する気持ちと、ころす気持ちは全く別のもの。生命そのものに対する人間の心の有り様、喜びとか悲しみとか驚きとかを全く理解できない作家のようですね。人間としての心の大事な部分をどこかへ置き忘れて来ているようですね。生きる資格なしです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

レオママ

Author:レオママ
レオ( 2000.5.29〜2011.7.30)11才で突然お星様になったけど
いつも、いつまでも家族の心の中で生きてるよ!



reo1.jpg


LEO2-2.jpg


LEO-2.jpg


20061218185124.jpg



トナカイレオ





   

最近の記事
コメントありがとう!
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ジオターゲティング
ブログでクチコミ B-Promotion GIFアニメ工房~GIFアニメーション作成講座
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。